銀行という名のサラ金

実は銀行も既にサラ金化しているという事実、ご存じでしょうか。クレジットカードや無担保の借入などを個人向けに展開し、消費者金融と提携しているのです。


銀行からの逃げ道としてのサラ金

昔は銀行でローンを組むことが出来ない方がサラ金からお金を借りるという状態でした。無担保で手数料も年会費も無料である消費者金融のサービスは、所得が低い方でも簡単に借入することが出来るからです。しかし今はなんと、その消費者金融を利用する理由の一つだった銀行自体が、サラ金化しているのです。


ローンを組む時に過去が影響しなくなる?

銀行でローンを組む際の審査で、過去に消費者金融から借入をしていた場合に難しくなってしまうという実態があります。しかしここで問題なのが、その消費者金融と手を組んで借入を行っているのが銀行そのものだということです。自分達で消費者金融と組んでお金を貸しているのに、そのせいで銀行にてローンを組むことが出来ないというのは、よくわからない状況です。取引が小口だけでは儲からないからとサラ金にも手を貸したのに、結局自分の首を絞めているように見えます。

消費者金融でも銀行でも、とにかく自分に合った金融機関を見つけることが大切です。安心出来て無理せず返済出来る業者を選び、ローンや借入を行いましょう。