サラ金におけるグレーゾーン金利とは

グレーゾーンという言葉を聞くと「あやふやな状態」というイメージがありますが、グレーゾーン金利とは認められている金利帯のことです。各消費者金融(サラ金)は法律で定められた金利でお金を貸さなければなりませんが、このグレーゾーン金利があることでその定められた金利より高く金利を設定することが可能なのです。

ここではそのグレーゾーン金利についてご紹介致します。


<グレーゾーン金利とは>

借りたお金(元本)が10万円未満であれば年利20%まで、10万円以上100万円未満であれば年利18%まで。100万円以上であれば年利15%までしか返済しなくて良いという法律があります。これは利用者が過度に返済をして損をすることがないよう守るものです。しかし刑罰の規制は年利29.2%からと決まっており実質20%以上の年利を設定しているサラ金も存在しています。この20%から29.2%の間にある年利のことをグレーゾーン金利と言います。


<サラ金の年利設定について>

各消費者金融によって年利の設定が違う理由としては、いかに契約者を増やすかということや消費者金融自身が設けるかということを考えて設定するという点があげられます。タダでお金を貸して利息も手数料もなく返済されたら、サラ金はこの世からとっくに消えてしまっています。このグレーゾーン金利を設定したのも、このような消費者金融自体を守ろうという動きもあったからなのです。

現在は法改正と共に20%以上の年利は全て刑罰による規制対象になっています。グレーゾーンがあることにより消費者金融を利用する契約者の負担が増加したためです。お金がない時に計画的に利用すればとても便利な消費者金融ですが、契約をする際にはそのサラ金の年利設定にきちんと目を通しておきましょう。