サラ金の歴史と現在の状況

サラ金というワードですぐ思いつくものと言えば、地獄のような返済生活です。本来貸付は企業向けに担保有りで行うものでした。しかし時代の流れから、銀行が個人向けに融資するようになったのをキッカケに、消費者金融という事業が始まりました。何故サラ金は普及し、怖いイメージが生まれたのでしょうか。


元本以上の金利が当たり前

サラ金が普及した理由としては、借入契約のハードルが低いということがあげられます。無担保で、本人の身元証明書などの必要な書類さえ揃えば借りることが出来ます。銀行で融資を受けられなかった方が消費者金融に手を出すという話はよく耳にしますね。現在は金利も法律が定まってあまり高すぎることは無くなりましたが、昔は借りたお金よりも金利の方が高かったそうです。借りたお金に一生苦しめられるという、サラ金の苦いイメージはここから来ているのかもしれません。


サラ金は怖いか

法律が守ってくれるとはいえ、有担保の融資よりも金利が高く設定されているということは事実です。しかし以前のように暴利が当たり前の消費者金融と違い、今は計画的に利用すれば生活に苦になることなく返済出来るようになりました。消費者金融を利用する際には怖い思いをしないよう、借り過ぎに注意していきましょう。

使い方次第で消費者金融は良いものにも悪いものにも変わるようです。必要最低限で抑えしっかり返済をしていけば、お金で困っている時を乗り越え新しいステップを踏むために、サラ金を利用することも出来るのです。