サラ金の亜種 悪徳業者への対処法

消費者金融を昔はサラ金と言いますが、その亜種として存在しているのがヤミ金です。法律を守らない悪徳業者には消えて無くなって頂きたいですが、法の網を潜り抜けるため日々進化しています。


どこにでもある光と闇

光が当たっているものがあるなら、その影は必ず生まれます。光に当たることが出来ずに漏れ出た人を食い物にするために、その影は暗躍を続けるのです。法律を守りお金を貸しているサラ金にとって、ヤミ金はその影と言えます。とんでもない暴利で契約者の生活を破壊し、借金の返済のみに人生を捧げさせようとします。


利用するならサラ金一択

借入をしてもいいかどうかの見分け方としては、とにかく住所や電話番号が本物なのかどうか、そして営業許可をとっているかどうかという点です。基本的にダイレクトメールや電話の勧誘は一切受けないようにします。万が一、ご自身が契約している業者がヤミ金かもしれないという疑いがある場合は、すぐに国民生活センターか警察に相談しましょう。相手がヤミ金であった場合は法で裁くことが可能です。返済していた金利の額もそのまま返してもらえる可能性もあります。ヤミ金に手を出さないよう、大手である金融機関の消費者金融を利用しましょう。

自分の身を守ることが出来るのは、自分自身です。相手が何者なのかもわからずに流れに身を任せてはいけません。自分で下調べを行い、本当に信頼出来る業者かを自分で見極めることが大切です。